楽しむ。何を?人生を!

エンターテイメント中心に 音楽、映画、漫画、レジャーなんかを語ったりしてます

いつになったら落とすんだ?「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」

1作目を観ずに、いきなり続編を見ても大丈夫だった、「スマホを落としただけなのに 」の続編。

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

2020年 日本 118分 サスペンス

 

あらすじ (ザックリと)ネタバレをピーイチの意見を含みます。

前作でスマホを落として散々な目に合った(北川景子)と(田中圭)の結婚式から始まる。前作で活躍した刑事・加賀谷(千葉雄大)が、恋人・美乃里[みのり](白石麻衣)を伴い、そこに出席した。

式からの帰り道で、みのりは加賀谷に「ここでキスして」と言います。昼間の人通りの多い山下公園(?)で。3年付き合ってるのに、加賀谷の態度が煮え切らないから。試されてることは察知できますが、「椎名林檎かよ!」とか言って,かわすことなく「それはできないよ、警官だから」。これにみのりがプッチ―ン。「別れましょ」と去っていく。

その後、みのりはカフェで店のフリーWifiに接続し、促されるままSNSに二重ログインしちゃう。これが偽装されたモノで、みのりのスマホから「バックドア」を作られ、個人情報を吸い上げれられてく。カメラ機能も乗っ取られたので、風呂入るときに脱ぐとこまで見られてる。乃木坂ファン的には[俺たちの麻衣やん]が上を脱いで、ブラを外すバックショットを披露。昔、白石麻衣は「自宅では裸族」と言ってたけど、これを機に止めたでしょう。いや、とっくにやっとらんわ。加賀谷はサイバー犯罪対策室の所属。彼女にネットの危険など教えてないのか、3年付き合ってて。

スマホを落とさなくても、もう狙われてます。というか、この後いつまでたっても、スマホを落としません。題名「スマホを落としていないのに」にすべき。そうできないのは、原作の小説がこの題名だからか。

または「囚われの殺人鬼」の部分が大事だから。前作で捕らえられた殺人犯・浦野(成田凌)と似た、女性の殺害事件が起きたので、上司の命令で加賀谷は、浦野に捜査に協力を頼みこんだ。もう仕事仲間みたい。

みのりが勤めるのは、ITガーディアンという会社。加賀谷がこの社長・笹岡(鈴木拡樹)と設立したネットセキュリティ会社。なのに、カフェでWifi-ログインは、みのり無防備過ぎでしょ。事件には関係なさそうだけど、この会社&社長ちょいちょい出てきます。

サイバー犯罪対策室の室長(ずんの飯尾)はネット犯罪についてまるで解ってない感じ。解説を聞く役。おとばけ課長ふりが合う。以前、デジタル庁の大臣が、LINEは中国に内容が筒抜けって言われてるのに、使い続けるとか言って、呆れられてた。知識不足でもトップになっちゃうのあり得る、と。

 

仮想通過が盗まれる事件が発生。ホワイトハッカーJK16(高橋ユウ)が、それを使うと足が付くようにマーキングして、使えなくする。しかし、このJK16が殺されてしまう。浦野によれば、犯人は自分のネット犯罪の師匠「M」が犯人だと。その後、Mによる仮想通過の盗難事件が起こる。Mを捕まえるため、浦野はパソコンを与えられ、嬉しそうにダークウェブを捜査する。


 

この映画、ヒロイン=みのりがスマホを乗っ取られて、加賀谷が犯人から守るーーーというのが軸ではない。Mがみのりを脅してくるけど、加賀谷に捜査から手を引かせる目的らしい。神奈川県警の上司は、みのりにそのスマホを使い続けるようお願いする。おとりの役割。警察との連絡用に別のスマホを貰う。落とすどころか2台持ちです。

みのりのスマホをハックしたのは、顔が焼けただれた男(井浦新)。浦野の逆探知で、こいつがカメラに撮れた。Mらしい、怪しさ満点です。

 

加賀谷の、父:警官だったが、殉職。その理由が聞かされない。母:そのせいで精神を壊して施設で療養中。これがトラウマで時々クラクラしちゃう。スマホやサイバー犯罪以外の要素、主人公の闇部分も絡めて来ます。千葉雄大、しっかり主演の映画なんだなぁ

美乃里の護衛についてた警官は、街中で、このMらしき男に一撃でのされちゃう。浦野は見張り役の警官(アルコ&ピース平子)を殺害して脱獄。一見、ガタイのいい警官、意外に弱すぎです。

ヒロイン=みのりは(やはり)さらわれちゃう。誘拐実行犯チンピラは、「山に埋めてこい」と指示されてるけど、(やはり)殺す前にヤッちゃいたい。サービスエリアに停めて美乃里を襲います。「俺たちの麻衣やん」がパンスト引き裂かれ、なんか揉まれてるー。必死に抵抗するうちに、加賀谷が追いついてきた。こんな人の行き来が激しいSAで停めてヤろうとするなんて、追いつかれる隙をしっかりつくる実行犯だわ。そして、襲われるのは阻止できたけど、美乃里を人質にされ手出しできない。膠着状態を破ったのは、顔がただれたMらしき男。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 DVD 通常版 [ 千葉雄大 ]
価格:4180円(税込、送料無料) (2022/8/12時点)

楽天で購入

 

ーーーここから、[意外な事実]のネタバレ

この男・兵頭(井浦新)は警視庁の刑事で、美乃里をマークしていた。東京と神奈川では警察は連携・共有してないのですね。この実行犯チンピラを撃って制圧。Mの正体も突き止め、逮捕した。元はと言えば、美乃里のパソコンから警視庁・公安にアクセスがあったから。加賀谷が父の死の真相を探るために使ってたのだ。じゃぁ、加賀谷は彼女を巻き込んじゃってるやん、迷惑な。就職先を紹介してあげてるけど。

そのITガーディアンの社長・笹岡がMだった。ちょいちょい出てきては、加賀谷に「会社に戻ってこい」とか、美乃里に「別れた方がいいかも」とか言ってたのは、笹岡→加賀谷にLOVE(同性愛)だったから。冒頭のカフェで、美乃里の友人がBL雑誌を指して「彼、これなんじゃない」と言ってのは伏線か。てか、事件に関係大ありだった。仮想通過泥棒、ホワイトハッカー殺害示唆、美乃里を誘拐と悪行三昧。

[カッコ良く犯人をぶっ飛ばして、彼女を守る]という締め、は無し。千葉雄大の顔なら、それでもよし。天装戦隊ゴセイジャーの時はアクションしてたけどね。そんな彼、犯罪に巻き込んじゃう彼、にも協力して体を張り、お母さんとの仲を取り持とうとするヒロイン。白石麻衣は、こういう優等生が合うのかな。それはそれで窮屈なキャラかも。

最後に、人気の多い海辺で、「ここでキスして」を加賀谷の方から行ったります。幼稚園児がみて、集団で冷やかします。こんな時、引率の先生はどうすればいいのかね。そんでプロポーズします。美乃里「スマホを落として、よかった」・・・いつ?そんなシーンあったか。無いよ。実は、美乃里がバスに置き忘れたスマホを、加賀谷が追いかけて渡してくれたのが、知り合うきっかけ。これで題名に合わなくないでしょーーーて事のようです。

おしまい。白石麻衣

にほんブログ村 映画ブログ 映画あらすじへ
にほんブログ村