楽しむ。何を?人生を!

エンターテイメント中心に 音楽、映画、漫画、レジャーなんかを語ったりしてます

「元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件」という邦題

この邦題、漫画やライトノベルでよくある風なので、ドタバタコメディ映画だとみんな思うはず。原題は「HORIZON LINE」

元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件

2021年 スウェーデン 92分 コメディ映画かと思ったら…

あらすじ ネタバレとピーイチ意見を含みます。

南国モーリシャスで、美男美女=ジャクソンとサラが別れ話。彼女サラはロンドンで仕事をするので、この島で働く彼ジャクソンとは一緒に居られないって。彼がトイレに行ってる間に、去っていった。

1年後、友人の結婚式でサラはまた、モーリシャスを訪れた。そこでジャクソンと再会。彼も結婚式に出席するため来てた。ここでダイビングショップをやってる。気まずい。自分から彼のもとを去っておいて。でも再会した彼にくっついていく。SEXに至り、翌朝まで寝ちゃう。その日はロドリゲス島で結婚式。なので1便しか出ないフェリーに乗らないかん。この辺までは、南国リゾートの浮かれた雰囲気

もうフェリーには間に合わないので、知り合いのおじさんフレディを頼る。小型飛行機でロドリゲス島に飛ぶ予定なので、それに乗せていってもらう。フレディのとこに着いたら、他の乗客はジャクソンだった。また、気まずい。しかし、良い男です。2度も黙って去っていった女に対して嫌な態度はしない。邦題から、[嫌いで別れた彼と一緒に〇〇するのは嫌だ]って意味かと思ってましたが、男の方に非は無いじゃん。むしろ女の方が勝手に去って行って、突然戻ってくる。避けたいのは"墜落”の方ですよ。そりゃそうだ

飛び立ってから、フレディおじさんがサラに「昔教えてやったろ、操縦してみ」。嫌がるサラに、やたら勧めてくると思ったら、フレディ、体調が悪くなっていく。心臓発作で倒れ、死んでしまうのです。ここからがパニック映画。

自動操縦は利かなくなってる。サラが何とか操縦するけど、GPSが故障。スマホでわかるだろ→電池切れ。雲の中に入って前が見えない、そのうえ嵐が→急上昇して雲の上へ回避。方角を確認→コンパスも故障。無線で誰かに助けを→ちょっと通じたけど、不通になっちゃう。燃料が残り少ないぞ→右タンクだけしか見えなかったけど、左タンクありました。切り替えたら、まだ燃料ありLEFT(左)にLEFT(残)。しかし、異常に減りが速い→漏れてるぞ。こう書くと、ドタバタコメディの様だけど、ありえそうなトラブルに対処してる=真剣な雰囲気

ジャクソンが機体の外へ出て、燃料漏れの箇所を塞ぎに行くぞ。細いロープの命綱で。命がけで外に出て、漏れてる箇所が見つからなかったらどーする?→機首まで行くとすぐ見つかり、テープで塞ぎました。しかし、戻ってくる時に腕を負傷。みやげ用のラム酒で消毒します。飛行機に関して素人だけど、割と的確な提案するし、命懸けでここまでやるジャクソン。頼りになります。しかしこの負傷でほぼ戦力外に。

燃料の消費を抑えるため、機内を軽くしよう→座席を投棄。もっと軽く→フレディ(遺体)も投棄。笑えないけど悲しむのも違う感じ。海では、漁船のすぐ横に落ちてきたぞ。あぶなっ、直撃したら死んでるよ、漁師さんたち

それでも燃料不足→ラム酒を燃料に補充しよう。サラが機外へ、翼をつたって給油(給ラム酒)。今度は命綱なしで!片手で掴まり、機内から瓶を受け取り、口でふたを開けて。繰り返し、瓶5本いったー。ギリギリの状態で手際がいい!次から次へとピンチだけど、こうやって何とかして行く。なのでハラハラするけど、恐怖は無い感じ。映像は「どうせ合成だよね」と感じないほど迫力あります

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件 [ アリソン・ウィリアムズ ]
価格:1130円(税込、送料無料) (2022/10/27時点)

楽天で購入

 

原題の「HORIZON LINE」=水平線なんて、もううんざり。燃料が尽きる前に、はやく陸地を見つけて降りたい訳です。原題より、この邦題で良かったんだ。結局、島は見つかったけど、燃料が尽きて、プロペラ停止。手前の海上に着水!飛行機はひっくり返って、沈んじゃう。ジャクソンが機体に引っかかって浮上できず。助けにまた潜るサラ。何とか救出して、陸地にたどり着く。しかし、潮が満ちてくると、その陸地も海水に沈んでいく。必死に立ち泳ぎ。近くにサメが泳いでる。

そこに漁船が通り、救助してくれました。彼らって、シートやフレディを投棄した時、危なかった漁船の漁師じゃないかな。これで助かりました。おしまい。

話は単純で、分かりやすい。時系列も前後しない。他のコトしながら見ても楽しめる1時間半でした

にほんブログ村 映画ブログ 映画あらすじへ
にほんブログ村